2009年09月19日

育毛剤が効かない時は

育毛剤が効かない原因育毛剤を使用しているのに、

いまいち効果が出ない、、、と

改善されないという事はよくあります(-_-;)

育毛剤の効果は個人差があるので、

ある程度、人によって効果に差が出てくるのは

仕方のないことですが、

ほとんど、あるいはまったく効果がないという人には、

共通の原因があったりします(';')

・育毛剤が自分の症状や頭皮のタイプと合っていない

⇒例えば、いくら頭皮や毛髪に良い栄養を補給しようとしても、
 毛穴が詰まっていると有効成分が毛穴まで届いてないと
 意味がありません。

・育毛剤のみに頼り、健康管理が不足している

⇒いくら良い育毛剤を使用しても、
 肝心の身体が不健康では効き目も薄れてしまいます(@_@)
 毛髪は夜作られるため、
 睡眠をたっぷり取ることは不可欠です。
 バランスの良い食事をとり、
 十分な睡眠をとる事が育毛のための必須条件だと思います。

・短期間で使用をやめてしまう

⇒育毛剤は即効性を謳っているものも多くありますが、
 基本的には定期的、継続的に使用 することが大前提となります。
 多くの育毛剤が、平均して半年以上の継続使用 をすすめています。

 たとえ即効性に定評のある育毛剤を使用していても、
 長期間継続して使用しなければ、大半は効果が薄くなるのです。

 一朝一夕では効果が現れないと認識しておく必要があります。


【PRブログ】

最後のシ者
渡辺知夏子
紗羅マリー
岡本玲 画像
葵 画像
posted by garigarikun at 16:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 関連ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

リアッププラス〜何が「プラス」なの?〜

リアッププラスって発売されてますよね??




なんかリアップのお兄さんみたいな感じでwww

あれってリアップから何がプラスになったの?って

思ったんで調べてしました↓

「リアッププラス」は、発毛成分「ミノキシジル」に加え、
壮年性脱毛症の病理にもとづいた頭皮環境を活性化する、
3種類の成分を新配合した男性用の発毛剤です。
「ミノキシジル」が、毛包に直接作用して、
細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって
発毛効果を発揮します。

その他、パントテニールエチルエーテルが毛細胞に栄養を補給し、
酢酸トコフェロールが皮脂の酸化を防いで頭皮を保護し、
l-メントールが頭皮に清涼感を与えます。

「リアッププラス」では、基剤として新たに、
皮膚刺激性が低い「ブチレングリコール(1,3-ブチレングリコール)」を採用しました。有効成分「ミノキシジル」を
配合した医薬品でブチレングリコールを使用するのは
世界でも初めてで、皮膚刺激性にも配慮をいたしました。

□「大正製薬」ニュースリリースより抜粋。

つまり、、、

発毛は促す「ミノキシジル」に加えて、

・「酢酸トコフェロール」
・「l-メントール」
・「パントテニールエチルエーテル」

という三つの成分が加わった(プラスされた)という事ですね^^;

本当に簡単に説明すると、

ミノキシジルで発毛させるために、

頭皮に栄養を与えたり、

清潔に保つようにするなど、

頭皮環境を良くする成分が加わったって事です。

ミノキシジルが増えているわけではないので、

発毛力がプラスされたって訳では無いんですね。

残念・・・

次回な、

リアッププラスの効果・感想について調べてみます。

posted by garigarikun at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミノキシジルって何?

何年か前から、

発毛効果が話題になっている

「ミノキシジル」ですが。

けっきょくのところ

何が凄いの?

って事で、

ミノキシジルについて調べてみました☆

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張剤の1つであり、最初は高血圧の経口薬としてのみ用いられていた。しかし後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代にアップジョン社(現在のファイザー)がはげや脱毛症の治療用として2%のミノキシジル外用溶液(商標名:ロゲイン®)を販売し始めた。なぜ髪の成長が促進されるのかは分かっていない。

日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売であり、医療用成分の実績が無いままいきなり一般用医薬品(大衆薬)として承認されたダイレクトOTC第1号製品として、大正製薬が1999年からミノキシジル成分1%のリアップとして発売開始された。なお、リアップ発売前から現在までリアップよりも主成分が濃厚で廉価である理由でロゲインの個人輸入が後を絶たない点が問題とされている。

同時期に国内で承認・上市した(医療用医薬品)バイアグラと共に生活改善薬としてヒットし、当初は品薄状態が続いた。

■副作用

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みである。ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる非作用成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られる。多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性がある。日焼けした頭皮に使用する場合に見られがちであるが、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえることが知られている。また塗布部分の皮膚下で成分が拡散し、塗布部分以外の毛細血管まで活発にしてしまうことから赤ら顔等の症状が出ることもある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by garigarikun at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。