2008年10月04日

ミノキシジルって何?

何年か前から、

発毛効果が話題になっている

「ミノキシジル」ですが。

けっきょくのところ

何が凄いの?

って事で、

ミノキシジルについて調べてみました☆

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張剤の1つであり、最初は高血圧の経口薬としてのみ用いられていた。しかし後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代にアップジョン社(現在のファイザー)がはげや脱毛症の治療用として2%のミノキシジル外用溶液(商標名:ロゲイン®)を販売し始めた。なぜ髪の成長が促進されるのかは分かっていない。

日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売であり、医療用成分の実績が無いままいきなり一般用医薬品(大衆薬)として承認されたダイレクトOTC第1号製品として、大正製薬が1999年からミノキシジル成分1%のリアップとして発売開始された。なお、リアップ発売前から現在までリアップよりも主成分が濃厚で廉価である理由でロゲインの個人輸入が後を絶たない点が問題とされている。

同時期に国内で承認・上市した(医療用医薬品)バイアグラと共に生活改善薬としてヒットし、当初は品薄状態が続いた。

■副作用

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みである。ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる非作用成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られる。多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性がある。日焼けした頭皮に使用する場合に見られがちであるが、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえることが知られている。また塗布部分の皮膚下で成分が拡散し、塗布部分以外の毛細血管まで活発にしてしまうことから赤ら顔等の症状が出ることもある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by garigarikun at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107581797

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。